デザイナーコラム

12月22日|冬至の日について

2021年12月22日に冬至を迎えます。
エネルギーの転換期でもある冬至についてご紹介いたします。

冬至の由来や意味は?

冬至は二十四節気のひとつです。
二十四節気とは、太陽の動きを元に1年を24分割した暦で、その時候ごとにふさわしい名称がついています。
季節の変化は、春分点・夏至点・秋分点・冬至点の4点を起点として起こります。

冬至の日は、昼の時間が1年で最も短く、夜の時間が最も長くなります。
この日を境に、だんだんと日照時間が長くなって行き、太陽の光のエネルギーが高まっていきます。
また、陰が極まって陽にかえることを「一陽来復(いちようらいふく)」といい、古来より太陽の復活を祝ってきた歴史があります。

金銀融通・商売繁盛で有名な穴八幡宮の「一陽来復御守」も、毎年冬至から節分の間だけいただくことができます。穴八幡宮に関する記事はこちら

冬至までにしたいラッキーアクションは?

冬至までは陰の氣が強まるため、自分の内側に目を向け、一年を振り返ったり自己内省をするのに適しています。
一年を振り返ったら、来年に向けての目標や抱負を宣言することも良いでしょう。

また、断捨離や必要ない感情を手放すことにも向いています。
仕事や家事で忙しい方も、自分の内側に目を向ける時間をぜひ取ってあげてみて下さい。

陰陽のエネルギーの変わり目の時期は体調にも変化が出やすいので、予定を詰め込みすぎず、睡眠をしっかりとることも必要です。
身体がだるくなったり、やる気が起きなかったりすることもあるかもしれませんので、無理をしないことが大切です。

地球最後のアセンション

2021年12月22日の冬至をもって、2012年からスタートした地球のアセンションが一旦終わるといわれています。
アセンションとは、次元上昇のことを指します。そして、宇宙の進化と導きにとって必要なことでもあります。

アセンションが進むと2極化が進み、違う周波数の人とは交わりにくくなります。
また、引寄せ力が変わり、より宇宙との繋がりや自分のアカシック(高次元の情報保管庫)との繋がりが深くなっていきます。
同じ周波数の人同士は、協力・共鳴・賛同しやすくなって行き、自分の使命や宿命に気づき、それに沿った生き方を選んでいきます。
ソウルメイトに気が付きやすくなる人もいるでしょう。

アセンションは、魂のタイミングなので気が付く人・気が付かない人がいていいのです。
独自のタイミングが現れるので、「今」を生きることが大切です。

このように、今回の冬至が地球規模での一つの転換期となります。

これからの時代に大切なこと

これからは、「想像力」が大切になって行きます。
自分に対して出来ることや、相手に対して思いやれること、地球にとって自分たちが出来ることなどを一人一人が考え、行動していくことが大切です。

そして、今「ある」幸せに気付くことが、これからも幸せになって行く人だと思います。
足りないことや出来ないことを数えるよりも、今出来ていることや、あるものに目を向けてみてください。

目の前の現実は、自分の意識と感情によって創られています。
自分にどんな言葉をかけていますか?
外に言っている言葉は自分に言っていること。他人に厳しい人は、自分に厳しくしがちです。

思っているほど自分のことは見えないです。だから、周りの人がいてくれるのかもしれません。
自分も周りも大切にしていきたいですね。

あなたにオススメの記事